体重が軽ければそれで良い?

目安時間:約 7分

 


貴方にとって「痩せる」という事はどういう事でしょうか。
とにかく体重が軽くなれば良いとお考えですか?
もしそのような考えをお持ちであればイエローカードです。

 

血色が悪く、ほお骨や肋骨が浮き出るような痩せ方が好ましいのでしょうか。

風が吹いたら倒れてしまいそうな棒のような脚が魅力的なのでしょうか。

 

そのような状態を好ましいと思ってはいけません。
それはもはや「老化」「病気」に近い状態です。

 

幸福にも健康体でいられる人がその健康を放棄して、ただただ「痩せる」という事だけに固執し、「体重という名の数字」に囚われてはいけません。

 

今回は「魅力的に痩せる」という事について触れていきたいと思います。

 

体重という上辺の数字など気にしない

体重

一見カッコ良く痩せている人でも意外と「体重」があるものです。
それは何故かというと「筋肉質」だからです。

 

2017.08.20投稿の「ダイエットで筋トレしたら体重が重くなる?」にも記載しましたが、脂肪よりも筋肉の方が同体積で「20~25%」程度重いのですね。
つまり「小さくても重い」というわけです。
ですので細く引き締まっていても体重という「上辺の数字」は大きくなってしまいます。

 

でも、それでいいじゃありませんか。

 

しっかりと動けるメリハリのある体を作り「健康的に美しく」なっちゃいましょう!
きっとその方が今から10年後20年後には「ただ細いだけ」の人達よりも遥かに若々しく魅力的に見える事でしょう。

 

ただし、ポッチャリが故の”ヘビーウェイト”というのであれば気にしないというわけにはいかないですよね。(^_^;)
その場合には「糖質制限」「筋トレなどの適度な運動」を行いつつ、じっくりと腰を据えて理想の体型を手に入れていけば良いかと思います。

 

あくまでもじっくりと「習慣化」する事が大切で、痩せる考え方や行動が当たり前になってくれば当たり前のようにスリムになってしまいますよね。

 

逆に急激な変化にはストレスがつきものですから、非常にリバウンドのリスクが高いと思われます。
決して焦る事無く、心にゆとりを持って体を作り変えていく事が肝要です。

 

結局は見た目の印象が大事

見た目の印象

何故「痩せる」という事にこだわるのか?という事をもう一度良く考えてみる事にしましょう。

 

"体重計に乗った時の数字が少なくなる事に自己満足を覚える為"でしょうか?

"知人と体重の軽さを競い合う為"でしょうか?

 

違いますよね?

 

見た目の印象を「カッコ良くしたいから」だと思います。

 

「若々しさ」「精悍さ」「しなやかさ」などを感じる魅力的なプロポーションを手に入れてしまいましょう。
また、適度に運動をし筋肉を付けていくと血の巡りも良くなり血色が良くなります。
すると身体的な健康面でも良い影響がもたらされる事でしょう。

 

そうなってくると活力が溢れてきて自分に自信を持てるようになり、ファッションなどもより楽しめるようになってきますよね。
きっと外出するのも今まで以上にワクワクしちゃいますね。p(*^-^*)q

 

そういったワクワクした楽しい気持ちで過ごせるようになると、他にもどんどん良い事が引き寄せられて来て、気付いた時には人生がガラリと好転しているかもしれません。

 

理想の体型の先にあるものは?

理想の先

さて、当「ダイエットスクエア」の基本理念は「夢見る力が貴方を変える」なのですが、結局は貴方自身が「綺麗に痩せてどうしたいのか?」という事なのです。

 

「夢」「目標」「理想」など言い方は様々ですが、この先に何を見据えているかで結果に辿り着くかどうかが決まってしまいます。
貴方が心からこうありたいと願っている事や、その願いの強さによって成功率が変わります。

 

ある人は想いを寄せている人にプロポーズしたいのかもしれません。

 

ある人は思いっきりファッションを楽しみたいのかもしれません。

 

ある人はモデルになりたいと思っているのかもしれません。

 

抱いている想いは人それぞれですが、結局のところ理想の体型を手に入れるという事は幸せな未来を手に入れる為の「通過点」に過ぎないという事です。

 

太っていても幸せと思える人はそれはそれで素晴らしい人生だと思います。
幸せの形も人それぞれですからね。

 

ですが「身体的な健康面」に不安を覚えるのも事実でしょう。

 

一度きりの人生です。
心身共に健康になって「健全なる幸福」を手に入れてみては如何でしょうか。

 

総括

●筋肉質で引き締まった体は重くなりやすい。体重計の数字などあまり気にしないようにしよう。

 

●ただ「細い」だけでは不十分。「魅力的」な痩せ方を追及していこう。

 

●痩せる事が「最終目的」ではない。「夢見る力」を信じ、痩せた先にある「幸福」を手に入れよう。

 

今回の記事は以上となります。

貴方のダイエットが達成され、一度きりの人生を満喫できますように。

 


《ブログTOPに移動》
《サイトマップに移動》

 

短期間でお腹だけ痩せる方法なんてあるの?

目安時間:約 7分

 

・最近お腹が出っ張ってきた…。
・健康診断で腹囲を測ったらメタボと言われた…。
・この三段腹をなんとかしたい…。

上記のお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
また、お腹だけでなく

 

「お尻も小さくしたい」
「太ももを細くしたい」

 

という願望を抱かれることもある事でしょう。
しかし、「お腹」「お尻」「太もも」に限らず、体の部分的なパーツを限定して痩せる」事など可能なのでしょうか。

 

今回はこの「部分痩せ」にフォーカスを当ててみたいと思います。

 

果たして部分痩せは可能なのか?

部分痩せ

例えばですが、相撲取りがウエストだけ細かったり、お尻だけ小さく引き締まっていたりしたらどう思われるでしょうか?
非常に不自然だと感じるのではないかと思います。

 

まだまだダイエットはこれからという段階でお腹だけ細くしたいといったように部分痩せを望むというのは、ほぼ「整形」の域ではないかと思います。
部分的に筋肉を付けて脂肪燃焼を目指して一生懸命筋トレをしても、筋肉がついて多少引き締める事は出来るかもしれませんが「お腹だけ痩せる」などというのは不自然でしょう。

 

極端に言えば「脂肪吸引」でもしなければお腹限定で痩せるのは無理ではないかと思います。

 

そもそも脂肪が付くというのは肉体に備わった「生命維持」に関わる重要な機能なので、自然に太り自然に痩せるというのがまた自然なのではないでしょうか。

 

これがある程度、体全体が引き締まってきた段階であれば、筋肉を付ける事により部分痩せというか「プロポーションのコントロール」が可能になってくるでしょう。
筋肉を付けて太くしたい部分は太くして、そうでない部分は相対的に細く見えるようになる、といったようにです。
もちろんそのレベルに達した人であれば、更に全身の体脂肪そのものを減らす事も可能なのだとは思いますが。

 

太る順番・痩せる順番

順番

人の体というのは「中心部分」から太り始めるといいます。
「お腹」「お尻」「太もも」などがそうです。
その後に「胸」「肩」「二の腕」「首回り」「手先・足先」という順で太っていきます。

 

痩せるときはその逆です。
体の「先端」の方から中心部分にかけて痩せていきます。
なので「二の腕」がタプタプしていながら「お腹」だけピシッと引き締まっているというのは非常に不自然だという事ですね。

 

という事は「お尻」や「太もも」が大きい「下半身太り」体型の人は「太り始め」「全身的に痩せる一歩手前」なのだと思われます。
その段階で踏ん張る事が出来れば「標準体型」を手に入れやすいでしょう。
逆にそこで誘惑に負けてしまえば「肥満体型」まっしぐらですね。(^_^;)

 

ちなみに脂肪には「皮下脂肪」「内臓脂肪」があります。
皮下脂肪は女性に多く、内臓脂肪は男性に多いようです。
女性特有のふっくらとした体形は皮下脂肪のなせる業ですね。
一方で男性は一見それ程太って見えなくても、内臓脂肪が多く付いてしまっている場合があるので注意が必要です。

 

さて、ここで問題です。
内臓脂肪と皮下脂肪、どちらがまず先に減っていくでしょうか。

 

答えは…

 

「内臓脂肪」の方なんですね。

 

内臓脂肪は筋肉を動かすエネルギーとして使われますが、皮下脂肪の場合は寒さなどから身を守るという「生命維持」の機能を有していますので、そう簡単には減っていってはくれないようです。
まぁ「本来は」ありがたい機能なのですが…。

 

ただし、外見的なプロポーションを左右するのは「皮下脂肪」な訳ですから、根気強く、少なくとも1年以上は生活習慣などを変え続けていく必要がありそうです。

 

急いで痩せよう!…だから痩せない

急いで痩せる

「短期間で痩せよう」とする気持ちが既に「肥満」思考です。
日々の生活習慣の積み重ねが今の自分を作っているのですから、急に体型を変えようといっても無理が生じるかと思います。

 

一夜漬けでテスト勉強する感覚に似ていますね。

 

それだと自分の精神や肉体が急激な変化に付いていけず、結局はリバウンドの餌食というのが関の山でしょう。
往々にして勢いに任せ短期間で結果を出そうとすると「続かない」のです。

 

ではどうすれば良いのか?
答えは単純です。

 

「ゆっくりでも確実に習慣を変えていく」

 

という事なのです。
痩せる生活習慣を身に付け「当たり前」の状態にするのです。

 

「食生活の改善」然り、「体を動かす事」然り、「自発的精神」然り、これらを身に付け自然に生活が出来るようになれば、自ずと結果が目に見えてくる事でしょう。

 

総括

●ピンポイントで部位ごとに痩せるのはとても不自然。自然の摂理に逆らわずバランスの良い体型を手に入れよう。

 

●人体は体の中心部分から太り始め、体の中心部分が最後に痩せていく。最後の一押しの段階で根負けせずに乗り切ってしまおう。

 

●急を要する付け焼き刃のやり方では結果には辿り着かない。急がば回れの精神でじっくりと腰を据えて「良い習慣化」を目指そう。

 

今回の記事は以上となります。
貴方の夢が実現し人生が花開きますように。

 

《ブログTOPに移動》
《サイトマップに移動》

 

最新の投稿
管理人profile

とおまさ

≪NAME≫
:とおまさ
≪PROFILE≫
:少年期は何とも愛らしい?ポッチャリ体型だった「とおまさ」。ダイエット指南役として古今東西「悩めるダイエッター」(特にうちの嫁サマ…)を救済するべく孤軍奮闘中!

カテゴリー

ページの先頭へ