基礎代謝と活動代謝について

目安時間:約 7分

 


「基礎代謝」とは安静時に体がエネルギー消費する働きの事を言います。
という事は自分が特に何もする事無く「勝手にダイエット出来てしまう」という事ですよね?
これはもう上手く活用するしかないでしょう!(≧▽≦)

 

下記基礎代謝による1日の消費カロリーを参考までに。

・成人男性…約1,500kcal
・成人女性…約1,200kcal
※wikipedia参照

一方で「活動代謝」と言われる体の働きもあります。
こちらは基礎代謝とは逆に何か活動を行う事によってエネルギーが消費される仕組みになります。
一般的なダイエットのイメージとしてはこちらでしょうか。

 

今回はこの「基礎代謝」と「活動代謝」について取り上げてみたいと思います。

 

筋肉は「全自動脂肪燃焼機」である

筋肉というのはその筋肉自体が高い基礎代謝を有しており、上手に筋トレして筋量が多くなればなるほど基礎代謝が上がっていきます。

 

ムキムキなマッスルボディの人は食事量が多いと思いますが、それは大きな筋肉を維持するという事と筋肉を活動させるとそれだけエネルギー消費が大きくなるという事なのでしょう。
例えるならば排気量が大きくてパワーが出る車がたくさんの燃料を必要とし、大きく茂った植物が多くの養分を必要とするのと似ているのではないでしょうか。

 

逆に長距離走の選手などは細身のスレンダーボディの人が多いですが、その人たちは長距離を走りきるために余計なエネルギー消費が少なくて済むような体質になっているという事です。
長年トレーニングを続けることでその種目に対応した身体に変化するという事ですね。

 

ですので一般人が有酸素運動ばかりを重点的に行っていると、ちょっと食事量が増えただけでリバウンド…という事になりかねませんね。

 

ちなみに長距離走の選手たちがリバウンド体質と言っているわけではありませんので悪しからず。
彼らは専属トレーナーの指導の元、筋力トレーニングも行っていると思いますので。

 

ですのでエネルギー消費を多くし脂肪を燃焼させたいのであれば、適度に筋肉を鍛え活性化するという事が効果的なのだと思います。

 

内臓も基礎代謝が高い

基礎代謝と言えば筋肉を連想しがちですが、実は内臓もかなりの基礎代謝があるらしいのです。

 

内臓の基礎代謝は身体の全基礎代謝の内、約50~60%を占めるとの事。

筋肉が約20%と言われていますのでかなり高い割合だと言えますね。
特に「肝臓」と「脳」の代謝が高く、肝臓で約30%、脳が約20%の基礎代謝量を持っているようです。
頭を良く使うと疲れてしまうのは脳がエネルギーを大きく消耗しているからなのでしょうか。(@_@)

 

筋肉以上の基礎代謝量を誇る内臓が健康で元気であれば体も健康的に引き締まっていくというわけですね。
逆に言えば健康的で美しい体型の人は体の内側も健康的である可能性が高いという事でしょう。
もちろん一部例外もあると思いますが…。(^_^;)

 

上記のように内臓の基礎代謝はかなり高いらしく、なかなか無視できないようです。

 

それではどうすれば内臓が健康的に活性化するのでしょうか。

 

その為には「規則正しい生活」を心掛ける事が重要です。
特に食生活について。
タンパク質や発酵食品、食物繊維の豊富な物を摂取し、暴飲暴食は避け、アルコールも控えめにする事が大事。
また食後に10~20分くらい足を少し高くしてゴロ寝をすると血液が肝臓に集まり肝臓に良いらしいですよ。p(*^-^*)q

 

そして体を冷やさない事も大切です。
体を冷やすと内臓も冷えてしまい代謝能力が低下してしまいます。
ですので、

・お風呂ではちゃんとお湯に浸かる事
・寝冷えしないようにする事
・ストレッチなどで血行を良く保つ事
・冷たい物を大量に飲食しない事

などの対策を施し内臓を労わってあげましょうね。(*^_^*)

 

活動代謝という概念も大切

代謝には基礎代謝の他に「活動代謝」というものもあります。

 

この活動代謝というのは文字通り何か「活動」をする事によってエネルギーが消費される生体機能の事です。
要は「運動などを行う」という事ですね。

 

ですので普段デスクワークをしている人はこの活動代謝が少なく、肉体労働やスポーツなどを日常的に行っている人は活動代謝が活発であると言えるでしょう。

 

ここで前述した筋肉や内臓の基礎代謝と並行して考えていきたいのですが、筋肉や内臓が元気に活性化すればこの活動代謝(運動)と合わさる事によってエネルギー消費効果が相乗的にアップします。

 

逆に筋肉が発達しておらず内臓が健全でない状態で体を無理に動かしても、あまりエネルギー消費効果が期待出来ないだけでなくケガの元にもなり兼ねません。

 

そのような状態を回避する為にも筋トレや運動などで筋肉の発達を促しつつ、食生活や生活習慣の改善を試み内臓を健康で元気にする事によって、日常的な動作も含めあらゆる活動の場面でエネルギーが効率的に消費されるようになり、ダイエット効果が格段に高まる事でしょう。

 

そうする事によって痩せやすく太りにくい体を手に入れる事が可能になるのです。

 

総括

●ダイエットでは有酸素運動だけではなく筋肉を付ける事も大切。全自動脂肪燃焼器を自分の体に搭載してしまおう。

 

●基礎代謝量は内臓の方が筋肉よりも高い。規則正しい生活をし内臓を元気で健康にしよう。

 

●やはりダイエットにとっては体を適度に動かす事も大事。筋肉や内臓を活性化し基礎代謝を高めつつ日常生活の中にちょっとした運動も取り入れていこう。

 

今回の記事は以上となります。

貴方が夢を成就させ、幸せを引き寄せる事ができますように。

 


《ブログTOPに移動》
《サイトマップに移動》

 

ダイエット中にオススメな「おやつ」とは?

目安時間:約 8分

 


ダイエット中とはいえ、やっぱり小腹が空けばどうしても何かを食べたくなってしまう。

 

お気持ちは良~く分かります。

 

しかし、ダイエットスクエア的には…

 

「結果も出さずに10年早いんじゃ~!」

 

と言いたいのが本音です、はい。(^_^;)

 

しかし、「それではあんまりだ!」という声が大多数だと思いますので、今回は少しでもダイエットに役立ちそうな「おやつ」について取り上げてみたいと思います。

o(≧ω≦)o

 

太る栄養素は?

そもそも何故食べると太るという「概念」が存在するのでしょう。

 

それは…太りやすい食べ物があるからです。

 

ハイ、当たり前ですよね…。(;^ω^)
ではそれは一体何なのでしょうか?

 

一般的には「油がコテコテの食べ物」「甘~い食べ物」などが太ると言われていますよね。
という事は「脂肪分」「糖質」ダイエットの敵という事になるのでしょうか。

 

脂肪に関して言えば、実は脂肪分を摂取したからといって直接「体の贅肉」になるわけではないのです。

 

食事によって摂取された脂肪分は小腸でタンパク質などと合成され「カイロミクロン」と呼ばれるリポタンパク質粒子に変化し、筋肉を始めとした各器官に送られ、余剰分は肝臓で吸収されます。
そして肝臓で吸収された後、VLDL(超低密度リポタンパク質)に再合成され血液によって全身に送られるのです。

 

また、体内に存在するコレステロールの内、食事から作り出されるのは約2割程度であり、残りの約8割のコレステロールは「肝臓で合成される」という事なのです。

 

かと言って脂肪分が豊富な食品をガツガツ食べてしまうと、それはそれで他の病気の要因となり得るのでバランスを考えたうえで摂取するように心掛けてください。

 

 

それでは「糖質」はどうでしょうか。

 

6月5日投稿の「ダイエット時における夜の食事と時間帯は?」でも書かせて頂きましたが、糖質を多く摂取するとインスリンの過剰分泌が起こります。
そしてそのインスリンは「脂肪の合成」を促す性質を持っているのでそれで太ってしまうのです。

 

思い返してみると私の友人にも結構立派な体型の人間がいましたが、白米が大好きで、夏に遊ぶ時は1.5Lペットボトルの甘い清涼飲料水をいつも傍らに置いていました。
そのくせガッツリ食べるのかといったらそうでもありませんでしたから「糖質過多」でその体形が作られたのだなぁと今になってみるとしみじみ思います。

 

私もポッチャリ体型の少年時代はおやつにスナック菓子は当たり前、しばしばカップラーメンとかも食事前にペロリと食べてしまいましたから自業自得でしたね…。(^_^;)

 

何を食べたらいいのか?

上記の点から言ってもダイエットの事を考えるとあまり糖質の多い物は好ましくありません。
これは単に「甘い物」というだけではなく、ご飯・パン・麺類などの「炭水化物」全般に言える事ですのでご注意を。

 

だとしたら何を選んだ方が良いのか?

 

なるべくタンパク質が豊富で糖質が少ない物を選びましょう。
筋肉をつけてシェイプアップ基礎代謝の向上を図るべく、筋肉の元となる食べ物を食べるのが好ましいと言えます。

 

例えば下記のような食品群です。

・チーズ
・ヨーグルト
・ナッツ類
・小魚
・ジャーキー
・ゆで卵

こういった物であれば、手軽にちょっとつまみやすいですよね。

 

甘いお菓子類や炭水化物に比べて栄養価も高いです。
これから小腹が空いた時は「お菓子コーナー」ではなく「おつまみコーナー」へ足を運ばれたら如何でしょうか。

 

いつ?どれくらいならOK?

食後30分~2時間くらいは血糖値が高い状態が続きます。
血糖値はあまり乱高下させない方が良いので、なるべく食後のデザートとして食事とほぼ同じタイミングで食べるのが好ましいと言えるでしょう。

 

もし食間に食べるとしたら食後2~3時間経った後で血糖値が十分に落ち着いてきた頃くらいが良いでしょう。
朝食が7時、昼食が12時半、夕食が19時ならば朝9時~10時、午後14時半~15時半、夜21時~22時あたりが「おやつタイム」となります。
しかしその場合は「夜」は避けるべき。
代謝の面で言ってもこれから睡眠に入るタイミングですし、当ブログの「ダイエット時における夜の食事と時間帯は?」でもご紹介した、脂肪を蓄える働きをする「BMAL-1」と呼ばれる「時計遺伝子」22時頃から活性化し始めるので肥満の元となってしまいます。

 

また、筋トレなどの運動の後に食べると筋量アップに繋がりやすいです。
出来れば筋肉の「ゴールデンタイム」と言われる30分以内が好ましいと言われています。

 

そして裏技的ではありますが、なんと「糖質」を一緒に摂ると筋量アップにより効果的との事。
これは筋トレで消費した筋肉のエネルギー源を補給するためで、筋肉の回復力を高める効果があります。

 

正に「禁忌」…。(;^ω^)

 

ダイエットの敵と思われていた「糖質」ですらも効果的に活用してこそ「真のダイエッター」と言えるのかもしれませんね。

 

 

上記のいずれの場合もきちんと「3食」食べているのであれば、おやつを食べる量は「味見程度」に控え目にした方が良いでしょう。
やはりバランスが偏りがちになりますからね。

 

もし量を多く食べたいと言うのであれば、もうそのおやつ「1食」として考え、1日の食事回数を「4食」にした方が良いかもしれません。
その場合は品目を増やしバランスを考え、他の食事の時間をずらしたり量を減らすなどのコントロールが必要になると思いますが。

 

総括

●肥満の原因は脂肪分ではなく実は糖分。血糖値を下げるインスリンの過剰分泌で脂肪がどんどん合成されてしまう。

 

●おやつを食べるなら甘い物や炭水化物は避け、タンパク質が豊富な物を選ぶべし。タンパク質が筋肉の合成を促すので基礎代謝が上がりダイエット効果がアップ。

 

●おやつを食べるタイミングは食後すぐがベター。食間が良ければ食後2~3時間経った後にする。また筋トレ後30分以内にタンパク質と「若干の糖質」を摂取すると筋量アップに効果的。

 

●おやつの量はなるべく控え目が好ましい。多く食べたい場合はおやつではなくちゃんとした食事に置き換え、「1日4食」の食生活にシフトするようコントロールする。

 

今回の記事は以上となります。
貴方が本当の自分と出会い、自信に満ちた人生を送れますように。

 

《ブログTOPに移動》
《サイトマップに移動》

 

ダイエットしたいのに運動する時間が無い~!という人へ

目安時間:約 7分

 


「ダイエットの為に運動したいんだけどなかなか時間が取れなくて…」

という方は結構多いのではないでしょうか。

しかし、運動と言っても何も1~2時間も時間を確保してガッツリ汗をかいてヘトヘトになるまで動かなければいけないという訳では無いと思うのです。

実は痩せる為に過度な運動は必要ありません。

もちろん高強度な運動をすれば消費カロリーも大きくなりますし、筋力の強化による基礎代謝の増加も早く成されるでしょう。

 

しかし、実際のところ多くの人は「三日坊主」になってしまうというのが関の山ではないでしょうか。

 

そもそも高強度な運動を継続的に出来てしまう人は大抵の場合、既に太っていないでしょう。

 

今現在、体型の悩みを抱えている方々は「未来への展望(夢)」を忘れずに「絶対に痩せる」という強い意志を持ちながら「無理なく運動を継続する」という事が不可欠なのです。

何は無くとも「継続する」ことが重要です。

 

要するにまずやるべき事は「習慣を変える」という事なのです。

 

その為には「適度な筋トレ」「ストレッチ」で十分。

それらを続けることによって下記のようなメリットが得られます。

●血行が良くなり健康的になる。

●スタイルが整う。

●基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすくなる。

また筋トレなどは毎日同じ部位を続けてしまうと筋肉が疲労しきってしまい修復できず逆効果と言われていますので、同じ部位は5~7日ほど間隔を空けて行うと良いでしょう。(少なくとも筋肉痛が収まるまでやらない方が好ましい)

 

時間は自分で作るものである

運動する「時間が無い」というのを言い訳にしていませんか?

 

時間というものは自分で捻出するもの」です。

 

時間が無いという時は、きっと何か「他の物事」を「ダイエットの為の運動」よりも優先的に行ってしまっているという事なのだと思います。

その物事がどうしても必要な用事であるならば仕方ありませんが、案外そうでもないという時が多いのではありませんか?

一度ご自分の「ダイエット」「その用事」とどちらが大事なのか天秤にかけて良く考えてみる事も必要かもしれません。

また実際に忙しいという中でも案外ついでに出来てしまう「ながら運動」があったり、「スキマ時間」というのも見つけられたりするものです。

ですので、ながら運動をしたりスキマ時間を上手に見つけて利用できれば、より効率的にダイエット効果が得られると思います。

例えば通勤・通学中、仕事中、家事中、テレビを観ている時、歯を磨いている時などなど、思っている以上にダイエット運動をする時間が存在するものです。

それらの時間をかき集めれば「チリつも効果」で1日で1時間程度の時間を作れてしまう人も多いはずです。

※チリつも効果…「塵も積もれば山となる」を略した造語

 

その運動効果は毎日続けられたらとても大きなものになるでしょう。

例えるならば、

「小さな水滴が大岩に穴を開けるように」

「小さな砂粒が広大な砂丘を形成するように」

 

こういった小さな物事の積み重ねによって大きな成果を得る事が出来るのです。

「ローマは一日にして成らず」という諺もあります。

毎日の小さな工夫努力が貴方に大きな結果をもたらしてくれる事でしょう。

 

ダイエットにおける運動の必要性は?

では、ダイエットにおける「運動」というものはどのくらいダイエットにとって必要なのか?という事を考えてみたいと思います。

当サイトの「3本柱」で表現するならば下記のようになるかと思われます。

 

マインド>食事>運動

 

はい、運動は優先順位が最も低くなってしまいましたね…。(;^_^A

何故かというと、あまり運動をしないであろう文化系の人達にもスリムな人はたくさんいらっしゃるからです。

もっとも「健康体か否か」「運動能力」といった部分は度外視していますが。

やはり「太りにくい考え方と行動パターン」そして「食事内容」などがまずは大事かなと思います。

その上で「健康増進」「体型作り」「肥満抑制」などを目的として運動を取り入れていけば良いかと思います。

決して「運動しなくてOK!」と言っているわけではありませんので悪しからず。(^_^;)

 

結構運動をしていると思われる人でも、その運動量を上回る「摂取カロリー」「バランスの悪い食事」をしていたら痩せないですよね。

「相撲取り」や「ラガーマン」などは良い例でしょう。

彼らは体を動かすのが本業ですから食事のバランスは気を付けていたとしても、かなり「大食漢」の為お世辞にもスリムとは言えないでしょう。

筋肉も凄いですが体脂肪率も高そうです。

逆に普段これといった運動をしているつもりのない人であっても、自分の消費カロリーに見合った食事バランスの良い食事を心がけていたら「余計なお肉」は付きにくいのではないでしょうか。

 

そしてそれ以上に重要なのが「マインド」の部分。

自分を支えるのは最終的に「自分の意志の力」でしょう。

こうなりたいといった「夢」を忘れずに「継続」していく意志の力です。

継続していくためには「決して無理をしない事」が大切ですが、一方で自主的に学びながら実行する事」も必要になってきます。

時には誰かに背中を押してもらう事があっても、結果を出す必要があるのは結局「自分自身」なのですから。

 

総括

●比較的軽度な運動でも継続し習慣化する事が肝心。

 

●「時間が無い」は半分言い訳。時間は自分で捻出すること。

 

●ハードな運動をしなくても食事内容を見直し体の内側から磨くこと。

 

●理想の体型を手に入れる為には「意志の力」が重要。実現したい「夢」を忘れない事。

 

今回の記事は以上となります。

貴方が理想の体型を手に入れ、幸せな人生を送れますように。

 

《ブログTOPに移動》
《サイトマップに移動》

 

最新の投稿
管理人profile

とおまさ

≪NAME≫
:とおまさ
≪PROFILE≫
:少年期は何とも愛らしい?ポッチャリ体型だった「とおまさ」。ダイエット指南役として古今東西「悩めるダイエッター」(特にうちの嫁サマ…)を救済するべく孤軍奮闘中!

カテゴリー

ページの先頭へ