思考によって理想的な体型を作れるの?

目安時間:約 9分

 


何だか最近体型が太ってきたな…。
それでいてなかなか痩せないな…。

 

太ってしまう又は痩せられない原因というものは色々あると思います。

 

・食べ過ぎ
・運動不足
・睡眠不足
・冷え

 

等々…。

 

しかし、もっと根本的な原因があると私は考えています。

 

それは「思考」です。

 

普段から何を考え、どんな感情で過ごす事が多いのか。
その思考や感情が「行動」にも強い影響を及ぼし、現実に形となって現れてくるのです。

 

そう、それが「体型」であっても。

 

巷で言う「引き寄せの法則」みたいなものですが当然の経緯なのかもしれません。

 

今回は思考や感情、そして脳の働きが体型に及ぼす事柄について書いていきたいと思います。

 

マイナス思考が太る原因に

何か辛い事や面白くない事が起きて、落ち込んだりイライラしている時に何かを食べてストレス解消というのは良く聞く話ですよね。
それはある意味「生理機能」としては当然の事なのだと思います。

 

ストレスを感じる⇒脳内のセロトニン減少⇒ストレス解消の為にドカ食い

 

簡単に言ってしまえば上記のようなプロセスで食べ過ぎの状況を作り出してしまうのです。
自分で自分を幸せにしてあげようと脳が作用しているのでしょうがダイエットには宜しくはありませんね…。(;^ω^)
これも結局は起きた事に対してマイナスの思考を抱きストレスを感じてしまっている事が原因。
そして強いストレス状態が続くと脳の命令により副腎からコルチゾール(ステロイド)が大量に分泌され脂肪が付きやすくなってしまうのです。
(2017/7/8投稿「太る原因はもしかしたらストレスかも?」参照)

 

最近コッソリ隠れてお菓子をパクパク食べたりしていませんか?
しかも、あんまりお腹が空いてもいないのに…。

 

こんな状況になっていたとしたらイエローカードを飛ばしてレッドカードを出してしまいましょう!

 

「冷え」も太る原因の一つです。
そしてその冷えさえもマイナスの思考と感情が引き起こしている事があります。
ストレス状態等によりマイナス思考が生み出され、自律神経の働きを狂わせ血行不良を起こし冷えを誘発しているのです。

 

そうであればなるべく早くに自分の思考や感情をプラスの方向に改め、ストレスを出来るだけ軽減又は回避するべきだと思います。

 

甘えと甘い物はダイエットの敵?

さて、筋肉量の少なさも「冷え」の原因になります。
筋肉量が少ないと基礎代謝も低くなるので余計に太りやすくなる。
女性は特に男性よりも筋肉量が少ない上に筋肉自体が付きにくいので脂肪が付きやすいのです。
しかも見た目に分かりやすい皮下脂肪が…。
しかし、これはこれで女性の体の素晴らしい機能の一つではあるのですが。

 

内輪の話で恐縮ですが、うちの嫁サマはあんまり筋トレをしなくなってしまいました…。(^_^;)
筋トレの必要性を感じなくなってしまったのでしょうか。
ただ一つ言える事が「痩せる事に対する強い動機が無い」という事なのだと思います。
今のままの体型だとしても何とかそれなりに楽しく暮らせていますからね。
家庭も交友関係も健康もそれなりに良好なように見受けられます。
(いや、まぁ私が家でチクチクと体型の事を指摘したりはしていますが…)
この前、嫁サマと最近筋トレしていない事について話をした時に「自分に甘くしちゃってる」と言っていました。

 

さて、この自分に対する「甘やかし」は吉と出るか?凶と出るか?
概ね「凶と出る」のではないでしょうか?

 

もちろん本当に体調不良の時に「ガッツリ筋トレ」というのはどうかとも思いますが、何となく気乗りしないという時でも何もやらずにサボるのではなくて、やりやすい内容の筋トレを出来るだけやるとか、それも出来なさそうならばストレッチをするでもいいし、何ならリンパマッサージなどをするでもいいと思うのですよ。
いや、言ってしまえばダイエット関連情報を「検索する」だけでも良いでしょう。

 

とにかくダイエットの足しになる事を何かやる。

 

何にもやらずにポケっとバラエティーとか観てたらダメですね。(;^_^A
こういう時は「ながら運動」などを当たり前のように出来るようになるといいのですが。

 

そういうダイエットの為になる事を出来るか出来ないかも、結局は普段から何を意識して何を考えているかという事が影響しているのだと思います。

 

自分を「大事にする事」と「甘やかす事」は違います。

自分を大事に思うのであれば、将来自分の為になると思う事を「今から少しずつでも」継続して頑張ってみては如何でしょうか。

 

健全な思考により理想的な体型が作られる

さて、痩せる為には太る事の反対の事をすれば良いのですが、それがなかなか難しいようです。
だからこそ「コーチ」や「トレーナー」のような存在が必要なのかもしれません。
しかし人様に尻を叩かれながら行動しているうちはなかなか良い結果が訪れないかと思われます。
いや、誰かに言われて指導されている時にだけやったつもりになって「自分一人の時にはほとんど何もやらない」というのがいけないのかもしれません。
結果を出す人は「人知れず陰で」努力をしているものです。

 

受動的ではなく能動的に、消極的ではなく積極的に物事を考え行動をする。
そのような「心の姿勢」が大事なのではないかと思います。

 

例えば普段から気分の落ち込みが多い人や不平不満が多い人などは、なかなか快活な生活を送りにくいのではないでしょうか。
となると思考や動作も緩慢になる。
何となく「ものぐさ」にもなる。
不摂生をしてしまう。

そのようなマイナス思考がそれに対応したマイナスの行動を生み出します。

 

「思考が現実を形作る」

 

であれば、些細な事に感動して、当たり前な事に感謝をして、"自分なりに"明るく元気に前向きに考えるようにしていくとどうでしょうか。

 

勉強熱心になります。
行動的になります。
失敗を恐れにくくなります。

 

それがダイエットに活かされるとどのような結果が訪れるかは想像に難くないと思います。
本当に理想的な体型を手に入れて自信を持ちたいのであれば、考え方を健全な明るい方向に持っていき、そして前向きに行動をし、少しずつでも良いのでプラスのエネルギーを自分自身の内側に蓄積していけばプラスの結果が現実に現れてくる事でしょう。

 

総括

●マイナス思考でいると太りやすい状況になりやすい。プラス思考でストレスを軽減し肥満を抑制しよう。

 

●自分を甘やかすと自分の為にならない。自分の将来の為に少しずつでも前向きに頑張っていこう。

 

●マイナスからはマイナスの物事が、そしてプラスからはプラスの物事が生み出される。出来るだけプラス思考で積極的に生きるようにして理想を実現してしまおう。

 

今回の記事は以上となります。
貴方のダイエットが成功し素敵な未来が訪れますように。

 


《ブログTOPに移動》
《サイトマップに移動》

 

ダイエットしたいのに運動する時間が無い~!という人へ

目安時間:約 7分

 


「ダイエットの為に運動したいんだけどなかなか時間が取れなくて…」

という方は結構多いのではないでしょうか。

しかし、運動と言っても何も1~2時間も時間を確保してガッツリ汗をかいてヘトヘトになるまで動かなければいけないという訳では無いと思うのです。

実は痩せる為に過度な運動は必要ありません。

もちろん高強度な運動をすれば消費カロリーも大きくなりますし、筋力の強化による基礎代謝の増加も早く成されるでしょう。

 

しかし、実際のところ多くの人は「三日坊主」になってしまうというのが関の山ではないでしょうか。

 

そもそも高強度な運動を継続的に出来てしまう人は大抵の場合、既に太っていないでしょう。

 

今現在、体型の悩みを抱えている方々は「未来への展望(夢)」を忘れずに「絶対に痩せる」という強い意志を持ちながら「無理なく運動を継続する」という事が不可欠なのです。

何は無くとも「継続する」ことが重要です。

 

要するにまずやるべき事は「習慣を変える」という事なのです。

 

その為には「適度な筋トレ」「ストレッチ」で十分。

それらを続けることによって下記のようなメリットが得られます。

●血行が良くなり健康的になる。

●スタイルが整う。

●基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすくなる。

また筋トレなどは毎日同じ部位を続けてしまうと筋肉が疲労しきってしまい修復できず逆効果と言われていますので、同じ部位は5~7日ほど間隔を空けて行うと良いでしょう。(少なくとも筋肉痛が収まるまでやらない方が好ましい)

 

時間は自分で作るものである

運動する「時間が無い」というのを言い訳にしていませんか?

 

時間というものは自分で捻出するもの」です。

 

時間が無いという時は、きっと何か「他の物事」を「ダイエットの為の運動」よりも優先的に行ってしまっているという事なのだと思います。

その物事がどうしても必要な用事であるならば仕方ありませんが、案外そうでもないという時が多いのではありませんか?

一度ご自分の「ダイエット」「その用事」とどちらが大事なのか天秤にかけて良く考えてみる事も必要かもしれません。

また実際に忙しいという中でも案外ついでに出来てしまう「ながら運動」があったり、「スキマ時間」というのも見つけられたりするものです。

ですので、ながら運動をしたりスキマ時間を上手に見つけて利用できれば、より効率的にダイエット効果が得られると思います。

例えば通勤・通学中、仕事中、家事中、テレビを観ている時、歯を磨いている時などなど、思っている以上にダイエット運動をする時間が存在するものです。

それらの時間をかき集めれば「チリつも効果」で1日で1時間程度の時間を作れてしまう人も多いはずです。

※チリつも効果…「塵も積もれば山となる」を略した造語

 

その運動効果は毎日続けられたらとても大きなものになるでしょう。

例えるならば、

「小さな水滴が大岩に穴を開けるように」

「小さな砂粒が広大な砂丘を形成するように」

 

こういった小さな物事の積み重ねによって大きな成果を得る事が出来るのです。

「ローマは一日にして成らず」という諺もあります。

毎日の小さな工夫努力が貴方に大きな結果をもたらしてくれる事でしょう。

 

ダイエットにおける運動の必要性は?

では、ダイエットにおける「運動」というものはどのくらいダイエットにとって必要なのか?という事を考えてみたいと思います。

当サイトの「3本柱」で表現するならば下記のようになるかと思われます。

 

マインド>食事>運動

 

はい、運動は優先順位が最も低くなってしまいましたね…。(;^_^A

何故かというと、あまり運動をしないであろう文化系の人達にもスリムな人はたくさんいらっしゃるからです。

もっとも「健康体か否か」「運動能力」といった部分は度外視していますが。

やはり「太りにくい考え方と行動パターン」そして「食事内容」などがまずは大事かなと思います。

その上で「健康増進」「体型作り」「肥満抑制」などを目的として運動を取り入れていけば良いかと思います。

決して「運動しなくてOK!」と言っているわけではありませんので悪しからず。(^_^;)

 

結構運動をしていると思われる人でも、その運動量を上回る「摂取カロリー」「バランスの悪い食事」をしていたら痩せないですよね。

「相撲取り」や「ラガーマン」などは良い例でしょう。

彼らは体を動かすのが本業ですから食事のバランスは気を付けていたとしても、かなり「大食漢」の為お世辞にもスリムとは言えないでしょう。

筋肉も凄いですが体脂肪率も高そうです。

逆に普段これといった運動をしているつもりのない人であっても、自分の消費カロリーに見合った食事バランスの良い食事を心がけていたら「余計なお肉」は付きにくいのではないでしょうか。

 

そしてそれ以上に重要なのが「マインド」の部分。

自分を支えるのは最終的に「自分の意志の力」でしょう。

こうなりたいといった「夢」を忘れずに「継続」していく意志の力です。

継続していくためには「決して無理をしない事」が大切ですが、一方で自主的に学びながら実行する事」も必要になってきます。

時には誰かに背中を押してもらう事があっても、結果を出す必要があるのは結局「自分自身」なのですから。

 

総括

●比較的軽度な運動でも継続し習慣化する事が肝心。

 

●「時間が無い」は半分言い訳。時間は自分で捻出すること。

 

●ハードな運動をしなくても食事内容を見直し体の内側から磨くこと。

 

●理想の体型を手に入れる為には「意志の力」が重要。実現したい「夢」を忘れない事。

 

今回の記事は以上となります。

貴方が理想の体型を手に入れ、幸せな人生を送れますように。

 

《ブログTOPに移動》
《サイトマップに移動》

 

最新の投稿
管理人profile

とおまさ

≪NAME≫
:とおまさ
≪PROFILE≫
:少年期は何とも愛らしい?ポッチャリ体型だった「とおまさ」。ダイエット指南役として古今東西「悩めるダイエッター」(特にうちの嫁サマ…)を救済するべく孤軍奮闘中!

カテゴリー

ページの先頭へ